きっと、うまくいく~非IT業界をスクラムで変えるための系譜~

一人のPO見習いが業界を変えるために奔走する様子をただただ綴るブログです。

【技法紹介】インセプションデッキとは

みなさん、数々のプロジェクトが生まれては継続されたり、失敗したり、多くの方がプロジェクトに関わっていると思います。

ところで、

全員が同じ方向を継続的に向けているでしょうか?

特に、

  • 大事なことが抜けてませんか?
  • 一方的にPMが話しているだけではないですか?
  • 偉い人だけで決めてませんか?
  • 都合がいいことしか伝えてないのでは?
  • メンバーが不安に思ったことは共有されていますか?
  • テンションがずれてませんか?
  • 全員で合意ができていますか?
  • 全員が後から確認できるアウトプットがありますか?
  • 方向性が変わった時にアウトプットを再確認、定義できていますか?

自信を持って「YES!!」と言える方はこの記事を読まなくても大丈夫です。 それ以外の方はこれから読み進めることをお勧めします。

では、なぜ全員が同じ方向を向き続けるのは難しいのでしょうか?

それは、

  • 役割が違う
  • レポートラインが違う
  • 価値観が違う

ということが原因だと思います。 その解決手法が

インセプションデッキを作ることです。

では、インセプションデッキがなぜ適しているかを紐解いていきます。

Why?

有名な画像でこんなものがあります。 f:id:HirokiHachisuka:20180307185242g:plain

これは顧客が本当に必要だったものを表しており、簡単にいうと

  • 本当に欲しいものは誰もわかっていない
  • 「言った」「言わない」でずれてしまう
  • イメージだけだとみんな異なる。

例えば、「かっこいいもの」という言葉で全員が同じものをイメージできるのか? という問題と同じです。

ではこれをどう解決していくかです。

When?

  • プロジェクトの始まった時
  • メンバーが増えた時

Who?

  • チームメンバー全員

Where?

  • みんな一緒にできるならどこでもどうぞ。

How

  • チーム全員で話し合って合意したものをアウトプットする

ところで

「もうキックオフミーティングや説明会でやってるよ」という方、 本当に今のやり方で十分ですか?

  • 大事なことが抜けてませんか?
  • 一方的にPMが話しているだけではないですか?
  • 偉い人だけで決めてませんか?
  • 都合がいいことしか伝えてないのでは?
  • メンバーが不安に思ったことは共有されていますか?
  • テンションがずれてませんか?
  • 全員で合意ができていますか?
  • 全員が後から確認できるアウトプットがありますか?
  • 方向性が変わった時にアウトプットを再確認、定義できていますか?

ということで、インセプションデッキはプロセスが大事です。

具体的には?

実際はこんなことを決めていきます。

プロジェクトの名前

[プロジェクトの名前]

名前をつけた理由

  • [名前をつけた理由その1]
  • [名前をつけた理由その2]
  • [名前をつけた理由その3]

1. 我われはなぜここにいるのか?

  1. [大事な理由その1]
  2. [大事な理由その2]
  3. [大事な理由その3]

プロジェクトの根幹に関わる理由

[このプロジェクトの根幹に関わる理由を1つ、ここに書く]

2. エレベーターピッチ

  • [潜在的なニーズを満たしたり、抱えている課題を解決したり]したい
  • [対象顧客]向けの、
  • [プロダクト名]というプロダクトは、
  • [プロダクトのカテゴリー]です。
  • これは[重要な利点、対価に見合う説得力のある理由]ができ、
  • [代替手段の最右翼]とは違って、
  • [差別化の決定的な特徴]が備わっています。

3. パッケージデザイン

[プロダクトの名前]

素敵な写真

最高のキャッチコピー

[最高のキャッチコピー]

ユーザーへのアピール

  1. [ユーザーへのアピールその1]
  2. [ユーザーへのアピールその2]
  3. [ユーザーへのアピールその3]

4. やらないことリスト

カテゴリ 項目 やる / やらない / あとで決める 理由
[カテゴリ] [やること] やる [やると決めた理由]
[カテゴリ] [やらないこと] やらない [やらないと決めた理由]
[カテゴリ] [あとで決める] あとで決める [あとで決めると決めた理由]

5. プロジェクトコミュニティは...

プロジェクトコミュニティの画像

関係者全員を!

...思っているよりもずっと大きい!

6. 技術的な解決策の概要

概要レベルのアーキテクチャ設計図の画像

採用する技術

7. 夜も眠れなくなるような問題は何だろう?

  • [もし起きたらこわーいこと、その1]
  • [もし起きたらこわーいこと、その2]
  • [もし起きたらこわーいこと、その3]

8. 期間を見極める

ざっくりしたタイムラインの画像

あくまで推測であって、確約するものではありません。

9. トレードオフ・スライダー

典型的なフォース

max >>> >>> >>> min 項目
o 機能をぜんぶ揃える(スコープ)
o 予算内に収める(予算)
o 期日を死守する(時間)
o 高い品質、少ない欠陥(品質)

上記以外で重要なこと

max >>> >>> >>> min 項目
o 使い勝手
o とにかくシンプルに!
o 詳細な監査ログ
o [などなど]

10. 何がどれだけ必要なのか

要素
人数 3名
期間 3.5ヶ月
予算 $250K

俺たちの"Aチーム"

人数 役割 強みや期待すること
1 アナリスト 必要な分だけ必要なときに分析するスタイルで働ける。テストも喜んで手伝える。素早い繰り返し型の開発スタイルで働ける。
2 開発者 C#MVC.NET、jQuerySQLユニットテストリファクタリング、TDD、継続的インテグレーション
0.5 マネージャ 顧客と直接顔を合わせてのコミュニケーションを担当する。状況報告、スコープ調整、予算管理、レポートラインへの報告

最後に

このインセプションデッキは「アジャイルサムライ」など数多くのアジャイル指南書に記載があります。 ぜひ、こちらについてもご覧ください。

passionate-po.hatenablog.com